飼い主の日常

学校うさぎの廃止について

ふうたさーん❗

 

 

ブログ書いたら遊んであげるから

 

もう少しだけ待っててね😉

 

 

30分後に何して遊びたいか

 

じっくり考えておいて❗

 

 

ちょっとふうたさん・・

 

そんなに回ったら目が💦

 

 

回転しながら考えてたのね😓

 

じっくり考えるどころが

 

たった5秒で答えを出した

 

ふうたさんなのでした🐰✨

 

パパイヤを切らしてるから

 

ボール投げになるとは

 

思っていたけどね😅

 

ふうた&飼い主

 

 

ここからは昨夜の続きです

 

学校うさぎの廃止問題について

 

change.orgさんで署名活動が

 

行われています(2019年9月21日現在)

 

この問題はここ数年

 

ネット上で多数声があがっているのを

 

知っていました

 

らびっとカーニバルの主催者である

 

うさりんさんも積極的に取り組んでおり

 

病気になった学校うさぎを

 

ご自身で1羽保護して家族にしたことを

 

知っていましたので

 

他人事とは思えない問題でした

 

今回キャンペーンを読んで

 

もちろん私も賛同はしました

 

でも学校うさぎの飼育をゼロにするには

 

どうすればいいのか?

 

避妊手術をしなければこれまでと同様

 

厳しい環境で生きなければならない

 

新しい命がどんどん生まれてきます

 

・日本中の学校で飼育されているうさぎの数は?

・避妊手術の費用は?

・今生きている子たちの未来は?

 

私の中で1番引っかかったのは

 

今 過酷な環境で必死に生きている

 

飼育小屋の子たちのことです

 

昨年 近所の学校の飼育小屋を

 

見る機会があったのですが

 

私が小学生だった頃と

 

何も変わっていませんでした

 

でも30年前と今とでは

 

夏の暑さだけでもまったく違います

 

すべての子たちに里親を見つけてあげるのが

 

1番の理想ではありますが

 

現実的に考えて不可能に近いでしょう・・

 

学校うさぎの廃止は

 

ゆくゆくは達成されると信じていますが

 

廃止されたが故

 

今必死に生きている子たちが

 

犠牲になることがあってはなりません

 

この機会に考えさせられ

 

あまりにも大きすぎる問題だと

 

あらためて認識を改めました

 

常日頃からこの問題を頭の片隅に入れ

 

自分に出来るアクションを

 

起こして行こうと考えています

 

飼い主より

 

前後の記事へ
ふうたさんおはよう#…
1週間前に育て始めた…